バンパー部分を東京の板金業者に修理依頼する際の相場

東京で板金をする際の相場について、紹介します。車をぶつけたり、擦ってしまい、傷をつけてしまうと、せっかくの愛車の見た目が台無しになってしまいます。少しの傷であれば、自分でタッチペン等を使い修復してしまう方もいますが、跡が分からないぐらいに綺麗に仕上げるのは難しいです。傷が大きかったり、へこみがある場合はディーラーや板金修理工場へ修復、塗装を依頼することになります。ディーラーへ依頼するメリットとして、仕上がりが綺麗であり、メーカーですので、信用が有ります。デメリットとして、実際の作業はディーラーの提携先の板金工場で実施する場合がほとんどであり、中間マージンが発生する為、料金が高いです。激安ショップで依頼する際のメリットは料金が安いことです。一方、デメリットは早く、安く仕上げる為、仕上がりは酷い場合があります。仕上がりに満足がいかずに、別のお店で再修理となり、逆に高くつく場合も有ります。

東京で板金修理をする際の相場を紹介

東京で板金修理をする際の相場を紹介します。板金修理を依頼するのに一番多いのは板金塗装専門店に依頼する場合です。専門店の為、仕上がりは綺麗ですし、ディーラーへ依頼する場合より、料金が安くなります。修理の相場ですが、損傷部分の大きさや程度によって様々です。ドアやフェンダー、ボンネット、ルーフは金属で出来ているので、高めです。ドア1枚を板金塗装する場合は10万円前後です。損傷箇所が複数ある場合は20万円以上かかる場合もあります。一般的な手のひらサイズであれば、2万円から10万程となります。フェンダアー部は修復箇所が大きくても5万円程です。ボンネットは損傷箇所によっては交換の方は費用が抑えられる可能性がありますが、5万円程の相場です。ルーフは一般的にはあまり損傷することはありませんが、修復可能なレベルの損傷であれば、5万円程になります。

バンパーの傷、へこみの修理の費用

東京で板金修理をする際の相場を紹介します。バンパーの修理はお店によって変わってきます。バンパーの多くはFRP樹脂で出来ており、熱を加えると簡単に形を変えられます。そのため、金属部分の修復より、費用は安いです。部分塗装で傷のある所のみを修復する場合、少しの範囲であれば、1万円程です。部分塗装では後々、修復していない部分と色に差が出てくる場合があります。そのため、全体を塗装する、1本塗りをするケースもあります。その場合、費用は1万円から3万円程になります。ただ、損傷の状態によっては、修復するより、交換したほうが、必要を抑えられる場合があるので、交換を勧められる場合もあります。輸入車の場合、国産車より1.5倍ほど、高くなります。専門店で修理を依頼した方が、修復箇所がどこかわからないぐらいの綺麗な仕上がりとなります。修理店を探す場合は専門店から信頼できるお店を選んでいくのがおすすめです。